スポンサーサイト

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GoogleがWebアプリの販売マーケットを開始  ネットが変わるでwwwwwwww

[ 2011/12/20 19:00 ] PCニュース | TB(0) | CM(0)
20110514_photo.jpg

1名無しさん@涙目です。(長屋)2011/12/19(月) 18:02:45.24IDUFueGtK70

グーグルは7月から米国でサービスを開始していた、Webアプリケーション内で利用者に課金できる 「Google In-APP Payments API for the Web」を、日本を含む17カ国でも利用可能にしたと発表しました。

課金機能はChrome Webストアなどのマーケットには依存せず、任意のWebサイトやWebアプリケーションで提供できます。 JavaScriptだけでなく、ActionScriptのサンプルコードも用意されているため、Flashを用いたWebサイトでも課金機能が実装可能です。

ドキュメントを見る限り、Chrome Webブラウザに依存した部分はなく、通常のJavaScriptによるサーバとのやりとりとなっているので、 FirefoxやInternet ExplorerなどChrome以外のWebブラウザでも利用可能なようです。 また、利用者もクレジットカードの情報が手もとにあれば決済可能で、GoogleのアカウントやGoogle Checkoutに 登録しなければ利用できないといったハードルはない模様です(実際に試してはいないので、もし違っていたら教えてください)。

アプリケーション側では、課金したユーザーを識別するために何らかのユーザー登録が必要となるはずですが、 これもOpenIDなどを使って外部のIDと連係するようにしてしまえば、 従来よりもずっと手軽に課金処理とそれに関連するサービスを提供できそうです。

決済手数料が決済料金の5%と非常に安い点は大きな特徴で、残りの95%がデベロッパーの取り分となります。

アプリケーションでの課金といえば、いまはソーシャルゲームなどモバイルデバイス向けの アプリケーションで行うことが主流ですが、グーグルのGoogle In-App Payments API for the Webは それをPCのブラウザでも実現しようという野心的な試みです。既存の課金システムと比較すると、 どのWebサイトにも手軽に組み込めて、しかも5%という低い決済手数料という特徴は、 デベロッパーにとって非常に魅力的に見えることでしょう。

http://blogos.com/article/27269/



3名無しさん@涙目です。(SB-iPhone)2011/12/19(月) 18:03:45.77IDfgMsSQ3s0
いいねこれ


5名無しさん@涙目です。(福岡県)2011/12/19(月) 18:05:35.66IDyug8azq30
うおおおおおおおお


6名無しさん@涙目です。(東日本)2011/12/19(月) 18:06:20.53IDj3K4vFhq0
まんまpaypalじゃん


7名無しさん@涙目です。(禿)2011/12/19(月) 18:08:34.93IDBsGV/FL60
誰か簡単にまとめてくれ
何いってるのかよーわからん


13名無しさん@涙目です。(WiMAX)2011/12/19(月) 18:46:40.00IDPM/XTQMm0
>>7
googleかんたん決済

・・・って理解したけどあってるかわからん


8名無しさん@涙目です。(禿)2011/12/19(月) 18:09:02.08IDBsGV/FL60
誰が何に金を払うんだ?


9名無しさん@涙目です。(鳥取県)2011/12/19(月) 18:11:19.31IDMC8M37HL0
このAPIを使えば簡単に寄付してくださいボタンを自分のブログとかに設置可能ってこと?


12名無しさん@涙目です。(WiMAX)2011/12/19(月) 18:43:23.43IDBJT3MAi30
ぼったくりまくってるサービスがこれで淘汰されるといいな







コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://pcsokuhou2ch.blog.fc2.com/tb.php/278-8d4195bd











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。