スポンサーサイト

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Canonical、「Ubuntu TV」で Ubuntu を組み込み OS の世界へ

[ 2012/01/13 19:00 ] PCニュース | TB(0) | CM(0)
1326162495.jpg

1たかちゃんψ ★2012/01/11(水) 01:21:29.36ID???

今週開催の Consumer Electronics Show (CES)で、Canonical は「Ubuntu TV」を公開し、強力にプッシュしようとしている。

同社は、Utuntu TV を足掛かりにして Ubuntu を組み込み OS の分野に広めたい考えのようだ。

Ubuntu TV は、テレビ用に新たに開発された Ubuntu インターフェイスを家電メーカーに提供するプロジェクトだ。
Ubuntu TV が組み込まれたテレビを購入したエンドユーザーは、Ubuntu インターフェイスを使って TV の番組表を閲覧したり、 録画予約ができるようになる。 CES に参加できなかった人のために、Canonical は紹介サイト(http://www.ubuntu.com/tv)を用意し、インターフェイス等を 確認できるようにしている。

テレビの世界では、Linux は特に目新しいものではない。 家電メーカーの多くは、例えばハードディスクレコーダーの OS としてすでに Linux を利用している。 Canonical の狙いは、Linux を家電に浸透させることではない そうではなく、「Ubuntu」というブランドを家電の世界に広めたいのだ。

これはうまくいくだろうか。

ほとんどの家電メーカーはすでに Linux を利用している。 独自の開発経験を持ち、開発チームも持っている。 ここに Ubuntu が入り込む余地があるのかどうかは疑問だ。 家電メーカーにとって Ubuntu ブランドの採用が他社との差別化に繋がるのかが現時点では不透明だからだ。 となると、最終的にはコストの問題となってくるだろう。 利幅の薄い世界でしのぎを削っている家電メーカーにとって、Ubuntu TV が無料かつオープンで提供されるのであれば、 チャンスはあるかもしれない。

Canonical は、Ubuntu をテレビの世界だけに留まらず、コンシューマーブランドとして広めるための努力を続けている。
コンピューター、テレビ、タブレット、スマートフォンはもちろん、自動車の世界にさえも広めようとしている。 Ubuntu はエンタープライズ部門で圧倒的な力を持つ Red Hat と競合することを止め、Wind River や MontaVista が 長く支配してきた組み込みソフトウェアの部門へと打ってでようとしているようだ。

http://japan.internet.com/busnews/20120110/3.html



3名無しさん@お腹いっぱい。2012/01/11(水) 03:00:43.29ID???
何か、どこかの後追いばっかだね。


4名無しさん@お腹いっぱい。2012/01/11(水) 09:27:19.15ID???
Linuxという存在自体が、代用品だからな。


5名無しさん@お腹いっぱい。2012/01/11(水) 10:23:57.19ID???
まあ無理だろうね。

プラットフォームだけではなく、市場も同時に形成できなきゃ、これからの普及はない。
androidのせるほうが現実味があるわな。


6名無しさん@お腹いっぱい。2012/01/11(水) 11:48:32.96ID???
なんでテレビに載せたがるんだろうどこも







コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://pcsokuhou2ch.blog.fc2.com/tb.php/329-0b4241d9











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。