スポンサーサイト

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Amazonと出版社、意見不一致! Kindle Storeから5000冊の電子ブックが消える

[ 2012/02/25 20:57 ] PCニュース | TB(0) | CM(0)
amazon_web.jpg

1たかちゃんψ ★2012/02/25(土) 00:13:14.40ID???

出版社とプラットフォームの争いはますます増えそうです。

小規模出版社のマーケティングやセールスを担当するIndependent Publishers Group(IPG)がKindle Storeで販売していた電子ブックから 「購入」のボタンが消えました。 その原因は、AmazonとIPG間にある利益の問題。両者間での契約更新にあたり、Amazonの契約内容は今までよりも要求するマージンを > 高くするというものでした。 Amazonの取り分をもっと増やしてくれ、と。

IPGは、このままAmazon側の要求を飲み続けるわけにはいかないと契約更新を拒否。 よってKindle StoreからIPGが販売を手がける書籍、約5000冊が消えることに。

IPGは、小規模な出版社約400社と契約があり、中にはベストセラー本もあります。 IPGが顧客である出版社と話をしたところ、大多数はIPGの決断を後押しする賛成派でした。 もちろんKindle Storeでの取り扱いがなくなっただけで、他のプラットフォームでは電子ブックの販売を続けています。

大きくなるAmazonの欲求に対して、現在のところIPGのような大きな決断をする出版社は他にいません。 しかし、IPGに続くものが、いつでてきても不思議ではないでしょう。 大きなプラットフォームを持つAmazonはもちろん強い力を持っていますが、その根底にあるのは豊富で良質なコンテンツ。 今後どのような展開になるのか気になるところですな。

http://www.gizmodo.jp/2012/02/post_10039.html



2名無しさん@お腹いっぱい。2012/02/25(土) 02:47:19.58ID???
IT企業は消費者が欲しがるコンテンツを作らず、
配送経路を作っただけで我が物顔をしている。
消費者にとっては中間業者でしかないIT企業は不要なのだよ。


3名無しさん@お腹いっぱい。2012/02/25(土) 09:39:24.66ID???
運送業者は不要と言ってるようなもんだな


4名無しさん@お腹いっぱい。2012/02/25(土) 10:14:44.75ID???
そりゃ、自分で配信できるだけの力があるところは、わざわざ不利な条件なAmazonから配信したいとは思わないわな。
Amazon自身がコンテンツ作るしかない。







コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://pcsokuhou2ch.blog.fc2.com/tb.php/438-78171282











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。