スポンサーサイト

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「iPad 2」は故障事故に遭いやすい――初代「iPad」の3.5倍も

[ 2012/03/19 19:00 ] タブレット | TB(0) | CM(1)
20110302-10220289-img4542.jpeg

1名無しさん@お腹いっぱい。2012/03/17(土) 18:28:47.55ID???

「iPad 2」は故障事故に遭いやすい――初代「iPad」の3.5倍もの報告
http://www.computerworld.jp/contents/201962
落下、子供やペットのいたずら……購入後1年以内に9.8%が事故による故障を報告

米国Appleの「iPad 2」の所有者から寄せられる落下、水ぬれなど何らかの 事故による故障の報告は、第1世代のiPadの3.5倍にも及んでいるという。

iPad 2所有者のほぼ10人に1人(9.8%)は、購入後12カ月以内に何らかのアクシデントによる損傷が 原因で故障を経験しているという。一方で、購入後12カ月以内にそうした故障を報告した 第1世代のiPad所有者は、2.8%にとどまる。

両者の際だった故障率の差はデザインの違いによるものだ。 「本体をより薄くするため、iPad 2のガラスは本体の縁からわずかに表面がはみ出ている。 対照的に、第1世代のiPadでは、コーナー部分のガラスはよりしっかりとアルミ・フレームに守られている」(レポートより)。

明確な証拠はないものの、iPad 2の保護カバーである「Smart Cover」が不慮の事故を増加させている可能性も 指摘している。「Smart Cover部分を“つかんで”しまうことで、iPad 2の損傷率を高めている可能性がある」(レポートより)。

 「iPad 2が落下したときに、とっさにSmart Coverをつかんでしまったという複数の事例が報告されている。 手元には(安全カバーのつもりだった)Smart Coverだけが残り、iPad 2はそのまま落下してしまう」(レポートより)

 不慮の事故ではない故障原因の内訳は、37%がバッテリ、22%がスクリーン、 14%がソフトウェア、9%がスピーカー、そして8%がボタンに関連する故障だった。

 第1世代iPad、iPad 2を合算したアクシデントの内訳は、54%が使用中の落下、15%がテーブルからの落下、 11%が「自動車関連」、8%が子供のいたずらだった。なお、水ぬれによる故障はわずか1%にすぎなかったという。



2名無しさん@お腹いっぱい。2012/03/17(土) 19:54:43.35ID???
そして新iPadはiPad2の5倍故障事故に遭いやすい。


3名無しさん@お腹いっぱい。2012/03/18(日) 01:31:44.78ID???
どんどん壊れるよ!!







ハードの堅牢さの差だけでなく、
初代に飛びつかなかったライト層が2のオーナーに多くて
雑な扱いを受ける割合が高い、とかユーザの差はないのかな?
[ 2012/03/20 10:38 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://pcsokuhou2ch.blog.fc2.com/tb.php/485-764d1fb3











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。