スポンサーサイト

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京大学情報基盤センター、教育用システム稼働--iMac1300台導入

[ 2012/03/26 19:05 ] PCニュース | TB(0) | CM(0)
imac28.jpg

1名無しさん@お腹いっぱい。2012/03/23(金) 23:18:19.86ID???

http://japan.zdnet.com/os/case-study/35015464/

 東京大学の情報基盤センターは教育用システム「ECCS2012」を3月から運用している。構築と運用を支援するNECが3月23日に発表した。

 ECCS2012は、同大学の学生や教職員が教育、研究で利用するシステム。教育研究用端末は、本郷キャンパスの情報基盤センターや 駒場キャンパスの教養学部情報教育棟をはじめに、本郷、駒場、柏の各キャンパスの図書館や教室に分散して配置されている。

 今回のシステムでは、4万人を対象にした統合認証技術が活用されており、大学としては大規模とみられている。従来は個々にログイン していたウェブアプリケーションへのシングルサインオン(SSO)が実現したという。エンドユーザーは端末にログイン後、ECCS2012と連携 する各種サービスにログイン操作なしに利用できる。ワークフローでのアカウント管理が実現し、システム管理者の運用負荷も軽減できるとしている。

 ECCS2012の統合認証では、NECが提供する統合IDアクセス管理ソフトウェア「WebSAM SECUREMASTER」シリーズを採用。 統合ID管理プロビジョニングとして「WebSAM SECUREMASTER/EIM」、統合アクセス管理認証サーバとして「WebSAM SECUREMASTER/EAM」、 ディレクトリサーバとして「WebSAM SECUREMASTER/EDS」を活用している。

 今回のシステムでは、事業継続性(BC)や災害復旧対策(DR)の観点から駒場と本郷の両キャンパスにEMCジャパンのストレージを設置している。 キャンパス間でレプリケーションを行うことで、データをバックアップしている。災害などの緊急時にバックアップからリストアすることなく、データを 継続利用できるという。EMCジャパンのストレージ階層間自動データ再配置機能を活用することで、アクセス頻度に応じて速度の異なる複数の ディスクを有効活用して、コストと消費電力を最適化できるとしている。

 ECCS2012では、富士ゼロックスのネットプリントサービスを活用、教育研究用端末からの印刷出力を学内はもちろん、全国のセブン-イレブンでも 受け取ることができる。USBメモリ上のOffice文書のプレビュー印刷やECCS2012外から印刷ジョブを受け付けることもできるという。学内でのプリント 料金の支払いは、交通系電子マネーに対応している。教育研究分野でのネットプリントサービスとの連携は



4名無しさん@お腹いっぱい。2012/03/24(土) 00:34:16.53ID???
故障率公開してくれよ楽しみだw


12名無しさん@お腹いっぱい。2012/03/24(土) 14:19:57.10ID???
Windows メインでUNIX の時だけMac。


13名無しさん@お腹いっぱい。2012/03/24(土) 15:21:01.41ID???
CADとOffice専用にWindowsだろw







コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://pcsokuhou2ch.blog.fc2.com/tb.php/494-baf01782











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。