スポンサーサイト

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Android陣営、2016年までにWindowsデバイスから王座を奪取

[ 2012/04/01 13:04 ] PCニュース | TB(0) | CM(0)
blog-what-is-android1.gif

1名無しさん@お腹いっぱい。2012/03/30(金) 20:57:50.24ID???

http://www.computerworld.jp/topics/634/202065/

IT専門の調査会社である米国IDCのレポートによれば、Windowsは今後4年間のうちに、コンピューティング・プラットフォームの支配者たる現在の地位を失い、 GoogleのAndroidが動作するARMベース・デバイスに取ってかわられるという。

IDCは、「ドラマチックな交代劇」が起こると述べている。x86アーキテクチャ・ベースのWindowsデバイスのシェアは、2011年には35.9%だったところ、同社の予測 では2016年に25.1%まで激減するというのだ。

AppleのOSであるiOSを利用するデバイスも同時期にシェアを伸ばし、2011年の14.6%から17.3%へ成長する見込み。

IDCのMobile Connected Devicesプログラム・ディレクターを務めるトム・マイネッリ(Tom Mainelli)氏は、Androidデバイス市場が急成長する一方で、多くの メーカーが黒字を維持するのに苦労するだろうと分析した。

「Androidがこれほど発展したのは、価格の安いデバイスが山ほどばらまかれたからだ。そうした事情を考慮するに、相当数のハードウェア・べンダーがAndroid市場で 一定のシェアを確保できるものの、大半は採算性を維持できないだろうとわれわれは見ている」と、マイネッリ氏は声明に記している。

同氏はさらに重要な点として、Androidマーケットはより小規模なiOS界から開発者を奪えないと指摘した。「iOS開発者の大部分は、現状のままiOSアプリの開発に
注力すると思われる。(中略)iOSのエンドユーザーは高品質なアプリに進んで料金を支払うことがわかっているからだ」(マイネッリ氏)

またIDCによれば、スマートフォンやタブレット、その他のタイプのPCといった、従来以上に「スマートなネット接続デバイス」が次々と市場に流れ込み、複数のデバイスを 保有することが当たり前になるだろうという。そのせいで、これらのデバイスのメーカーはさらなる競争に直面するおそれがある。

IDCのクライアントおよびディスプレイ担当副社長、ボブ・オドネル(Bob O’Donnell)氏は、「成長を長引かせるための秘策は、あらゆるデバイスを1つにまとめ、個人向け クラウド型アプリおよびサービスを全面的に利用するスタイルへ移行すること。これこそまさに、われわれが“超PC”時代と呼んでいる真の課題だ」と話した。



2名無しさん@お腹いっぱい。2012/03/30(金) 20:58:28.57ID???
いつもAppleは蚊帳の外だよな


3名無しさん@お腹いっぱい。2012/03/30(金) 21:17:56.94ID???
Androidの勝利!!!!!!
Windows信者の完全な負けwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


4名無しさん@お腹いっぱい。2012/03/30(金) 21:20:02.42ID???
いきなりドザの悲鳴かw


10名無しさん@お腹いっぱい。2012/03/31(土) 12:27:53.66ID???
Androidを搭載したパソコンって
普及すると思う?


12名無しさん@お腹いっぱい。2012/03/31(土) 12:45:12.53ID???
タブレットは閲覧用デバイスであって
製作用には向かないんだよ。

だから、Windowsを置き換えるとなると
パソコン用のAndroidが作られなけばならない。


21名無しさん@お腹いっぱい。2012/03/31(土) 22:58:33.73ID???
バージョン違い
GPU違い
CPU違い

PCのことですね







コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://pcsokuhou2ch.blog.fc2.com/tb.php/501-c3da1b28











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。