スポンサーサイト

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月ブラウザシェア…IE9がシェア拡大。なぜかIE6も微増。その他主要ブラウザはいずれも減少

[ 2012/04/06 19:35 ] ブラウザ | TB(0) | CM(0)
top_560x373.jpg

1名無しさん@お腹いっぱい。2012/04/04(水) 23:54:17.29IDPq6BiBku

http://news.mynavi.jp/news/2012/04/04/011/index.html

Net Applicationsから2012年3月のデスクトップブラウザシェアが発表された。 昨年はシェアを落としたIEが今年に入ってから徐々ではあるがシェアを回復しており、 3月には1%の伸びとなっている。逆に強い成長を続けていたChromeが、今年に入って からシェアが伸び悩んでいる。3月でもこの傾向は変わらず、高止まりしている感がある。 Chromeの伸び悩みには、Googleが3月に変更したプライバシーポリシーの反動も考えられるだろう。

バージョン別では、IE8のシェア1位は変わらないが、今月はシェアを急激に落としており、 逆にIE9が急激にシェアを拡大させている。IE7とIE6は去年よりシェアを落としているが、 IE6のみ3月では微増に転じた。Microsoftは今年に入ってからIEの自動アップグレードを 行なっており、日本でも3月下旬に開始されている。まだシェアへの影響は見られないが、 日本では特にIE6ユーザが多く、将来IEのシェア変動が見られるかもしれない。

Net Applicationsの調べではChromeの成長が鈍化しているが、StatCounterの報告では 順調にシェアを拡大している。3月18日には、1日だけだがChromeがIEを抜いて1位を獲得したことも発表された。

また、2月にシェアを回復したFirefoxだが、3月に入ってシェアが再び下落に転じている。 Firefox 3.6系は4月にサポートを終了することを発表しており、Windowsの最小サポート環境の 変更も決定している。こちらも、まだシェアへの影響は見られないが、今後これらが影響を 及ぼす可能性が考えられる。



2名無しさん@お腹いっぱい。2012/04/05(木) 00:05:17.18ID???
ブラウザ経由のネットの使用量が減少?


3名無しさん@お腹いっぱい。2012/04/05(木) 00:15:32.36ID???
>>2
全体的に減っていたらシェアは変わらないよ。


4名無しさん@お腹いっぱい。2012/04/05(木) 06:00:41.32ID???
IE6の増加?
何故?使いたいのか?


11名無しさん@お腹いっぱい。2012/04/05(木) 15:35:54.24IDJR8jt7E8
IE9増加は、良い傾向だ。


14名無しさん@お腹いっぱい。2012/04/05(木) 16:32:25.53IDJR8jt7E8
高速アップデートが鬱陶しいからじゃない。
特に企業相手だと。落としどころがIE9.







コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://pcsokuhou2ch.blog.fc2.com/tb.php/506-6f73805c











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。